分析装置の販売、据え付け、移設、サービスを行う会社です。

JTE バルテック株式会社

お問い合わせ
042-772-6284
English


 オイルフリーベビコン内臓
開発コンセプト
大学や研究所を含む分析装置のキャリアガスとして最適なパフォーマンスを目的とし、低振動・低騒音・低コストで高寿命を視野に開発を行いました。

特徴
・オイルフリーべビコン
高寿命のオイルフリーべビコンを搭載、小型化とコストパフォーマンスを実現。 不要な水の排出なし。

・ランニングコストを考慮したメンテナンス設計
エアーオペレーションシステムバルブ採用で電磁弁を極力小型化、10,000時間のメンテナンスフリーを実現。
連続運転では10,000時間の耐久型コンプレッサーを使用、安心のオペレーティングが可能。

・低振動・低騒音・省スペース設計
新開発のコンプレッサーユニットを極限まで小型化し、最新の低振動静音設計システムユニットと相まって高寿命、省電力で低振動かつ低騒音ポンプを搭載し使用環境を大きく改善し快適な使用環境を実現。

・圧力安定化システム
アルミ製特殊大型タンク2器をバッファーとして搭載。急な圧力変動にも瞬時に対応し、ロス変動を極力軽減することが可能。

・PSA窒素発生方式
空気中の窒素と酸素の分子の大きさによる分子篩炭への吸着速度差を利用し、空気を原料として効率よく高純度の窒素を取り出せます。
*お客様に合わせ、可能な限りのカスタマイズにも対応可能(要相談)

装置概要
 本装置は、NMRマグネット(Bruker、JEOL、Varian)の液体窒素槽に接続された極低温冷凍機付クライオスタットを用いて冷却し、液体窒素の蒸発を防止する為の装置です。
 クライオスタット内の圧力を検知し、圧力信号に応じて冷凍能力を制御することにより、液体窒素を一定に保ちます。
 装置運転時の冷凍機の振動は、防振構造により、運転中でも測定への影響を最小限に抑えます。国内外で多くの納品実績があります。

特徴
・液体窒素の補給が必要ありません
・全自動、無人運転で長期休暇も安心です
・300MHzから600MHzまで対応できます
・防振構造により、運転中でも測定への影響を最小限に抑えます
・運転中も測定可能

装置概要
 本装置は、SCMクライオスタットの液体ヘリウム槽に接続された極低温冷凍機付クライオスタットを用いて冷却し、液体ヘリウムの蒸発を防止する為の装置です。
 クライオスタット内の圧力を検知し、圧力信号に応じて冷凍能力を制御することにより、液体ヘリウム及び液体窒素を一定に保ちます。
 装置運転時の冷凍機の振動は防振構造により、運転中でも測定への影響を最小限に抑えます。

特徴
・液体ヘリウムの補給が必要ありません
・全自動、無人運転で長期休暇も安心です
・300MHzから600MHzまで対応できます
・防振構造により、運転中でも測定への影響を最小限に抑えます
・運転中も測定可能
リーセンテック社SoloVPE紹介ページ
<弊社は、C Technologies社の輸入代理店です>
・C Technologies社の販売代理店はリーセンテック社となります
 ご購入・お問い合わせの際はリーセンテック社へお願い致します
抗体・タンパク質の正確な定量分析に最適
・サンプルの希釈不要
・バックグランド補正不要
・21CFR Part11対応
概要
 C Technologies社のSoloVPEは特許技術の光路長可変テクノロジーを駆使した革新的な紫外可視分光光度計システムです。
 「Slope Spectroscopy®」技術によりサンプルを希釈することなく、サンプルの濃度を正確にすばやく測定することができます。
 SoloVPEは、既に海外のバイオテクノロジー業界でタンパク質の定量分析において活躍しており、装置を導入されたお客様は年間30日〜98日の作業日数を削減し、大きなコストダウンに成功しております。  
特長と優位性
*特 長*優 位 性
サンプルの希釈不要 高濃度のサンプルを希釈なしで直接測定できます(例:BSA 350mg/ml)
バックグランド補正不要 バックグランド/バッファー補正の必要性がありません(特別なケースを除く)
作業時間の低減 高濃度サンプルを希釈なしで直接測定するので作業時間が低減されます
短い測定時間 濃度測定は約1分で済みます
少ないサンプル量 最低サンプル量:20μL (光路長と濃度に依存)
共通のプラットホーム 一般的なUV-Visプラットホームでのオペレーション
Slope Spectroscopy®方式 Slope Spectroscopy®方式で測定をする唯一の分光光度計システム
(結果は1点の吸光度計からではなく、10点の吸光度から得られたスロープの値に基づきます)
高い信頼性 システムの再現性が±2%以内
早いサンプルの特徴付け 広波長域と光路長サーベイにより未知試料の特徴付けができます
高度な測定 1サンプルに対し、複数ピークを違う波長と広い光路長範囲で測定

詳しくはリーセンテック社へお問い合わせ下さい。 リーセンテック社SoloVPE紹介ページ